サイトマップ-交通事故に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉サイトマップ

サイトマップ

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

サイトマップ

 












裁判例

加害者の雇用会社及び代表取締役に対する請求を認めた裁判例

被害者の両親、弟に固有の慰謝料を認めた裁判例

ひき逃げ事案、被害者の妻、子らに固有の慰謝料を認めた裁判例

加害者の言い分変更により慰謝料を認めた裁判例

役員報酬の80%を労働の対価と認めた裁判例

自営業者の基礎収入を賃金センサス90%と認めた裁判例

収入を示す資料がなくても賃金センサスの一定割合を基礎収入として認めた裁判例

減収がなくても逸失利益を認めた事例

14級で労働能力喪失率8%を認めた裁判例

アプリ作家、プログラマーの逸失利益

自営業者の開業準備と休業損害

横断歩道を渡らなかった過失を5パーセントとした裁判例

被害者・優先道路、加害者・一時停止の事故について、被害者側の過失をゼロとした裁判例

原付3人乗りの過失相殺を判断した事例

駐車禁止場所への駐車車両に追突した過失相殺事例

バス乗車中の事故:大阪地方裁判所平成27年3月3日判決

頚椎神経根症にて約5年間の治療を損害として認めた裁判例

頚椎捻挫等の傷害で約5年2ヵ月間の治療を損害とした裁判例

後遺障害併合10級で将来の治療費を認めた裁判例

症状固定後の入院費を認めた事例

過去の交通事故は、今回の傷害に影響を与えないと判断した裁判例

労働能力喪失率の認定の際に既往症の影響を否定した裁判例

マイカー通勤中の事故について使用者責任を肯定した裁判例

市立中学教員の通勤中の事故について使用者責任を肯定した裁判例

自動車通勤を認めていなかった事等を理由に使用者責任を否定した裁判例

帰宅中の事故について使用者責任を否定した裁判例

マイカー現場直行中の事故について使用者責任を否定した裁判例

原動機付自転車の通勤中の事故について使用者責任を否定した裁判例

フレックス社員の朝食後の事故について使用者責任を否定した裁判例

意識障害なく高次脳機能障害を認定した裁判例

後遺障害等級7級で、労働能力喪失率を92%とした裁判例

5級相当の後遺障害で将来介護費が認められた裁判例

認知症を否定できないとしても高次脳機能障害の損害を認めた裁判例

自賠責で否定された高次脳機能障害が認められた裁判例

高次脳機能障害を負った幼児の付添看護費を認めた裁判例

事故前後の人格変化を重視して高次脳機能障害を認めた例

高次脳機能障害の将来介護費を施設費用分のみ認定した裁判例

高次脳機能障害で成年後見人選任費用を損害とした裁判例

ペットホテル代:東京地方裁判所平成25年1月25日判決

線維筋痛症を交通事故による発症とした京都地裁平成22年12月2日判決




 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

相模川法律事務所

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

相模川法律事務所Webサイト

ページトップへ